音楽

Gilles Petersonのラジオ

とあるブログを読んでたらリンクが貼られてたので何気なく聴いてみたらヴァレンタイン特集で檄甘な選曲なんだけど、実に聴いてて気持ちいい。やっぱりGillesの選曲は素晴らしい、っていうほど彼のことを知っている訳でもないけど、今聴いてるのは愛ある感じの選曲でよいです。

いつもは変化球ばっかり聴いてる僕ですが、たまにはこんなのもいい。ソウルフルでジャジー。いつもだったらもう少し能書きをたれるところだけどこの手の音は疎いからねえ・・・。でもいいものはいいわけでさ。
1週間たったら消えちゃうらしい(21日までかな?)ので甘いものが恋しい人はどうぞ。

http://www.bbc.co.uk/radio1/gillespeterson/index.shtml

|

日本のレコード会社には音楽好きの気持ちは伝わらないのかな?

ここ2、3日は遅ればせながらGarageBandをいじくり回してました。まだほんの一部を試しただけですが、面白そうです。Macを買ってからは漠然とネットをしてる時間がへったような気がします。基本的に触ってて楽しいからいろんなことを試してみたくなるんですよね。ネットでソフトを落としたりしてカスタマイズする機会が増えました。以前も書いたようにWindowsと違って種類は少ないし、海外のソフトが多いので使い方が分からなくて悩むことも多いですが・・・。今これを書いてるエディターectoも日本語化してないので詳しい使い方が分かってません。でも使うのをやめるとかではなくて英語を勉強しなおすか、とかいう積極的な方向に考えてしまいます。

Last.fmもラジオを聴こうとすると日本版は使えませんが英語版でなんとか楽しんでます。この人のこの曲を聴きたいというのは出来ないんですが、聴いたことがない曲を1曲全部聴けちゃうのがうれしいんですよね。こないだもStyle Council's Similar Artistsで聴いてみたら、僕はネオアコっぽいイメージでスタカンにしたんだけど、MTVな世界に入ってしまってかくっとなりました。エイティーズばりばり。まあこれはこれで面白かったです。懐かしいのもあったけど、曲名だけ知ってるのが結構あったなあ。そのLast.fmで「豊富なカタログの中から好きなアーティストを選んで、1曲丸ごと無料で聴ける」サービスが始まってるそうです。偶然ここを読んでそのことを知ったのですが、広告収入によって無料でフルに聴けるストリーミングサービスを実現したとのこと。ただし英米独のみのサービスだそう。将来他の国にも広がるかもしれませんが、日本ではレコード会社がまったく融通が利かないのでおそらく出来ないでしょうね。日本でも30秒試聴くらいなら出来るところはあるけど、最後まで聴かせてくれるところはなかったと思います。出来ればまるごと聴きたいよなあ。気に入ればamazonとかでクリックするんだし、販促ツールとしては優れたものだと思うんだけどね。レコード会社は何を恐れているんだろうなあ?こういうニュースを読むにつけ悲しいような情けないような気分になってしまいます。

そのお気に入りのLast.fm、今日はいまいちつながりがよくないので、iTunesの方でいろいろ聴いてました。さっきまで聴いてたのはWonder wrote it.というDJ SPINNAとBOBBITOががつくったスティービー・ワンダーずくしでつなげたMix CD。たぶん買ったときに紹介したと思うけど、凄い気に入ってて時々かけてます。ある意味ベスト盤よりスティービー・ワンダーの魅力が伝わるかなあと思います。スティービー・ワンダー本人の正規の曲だけでなく、ライブやらテレビ出演時の音源やら、他の人がスティービーをカヴァーしたのやらがごった煮になってますが、見事に繋がってるのはさすがです。でもこのCDの魅力はそうしたテクニックではなくて、2人のスティービー・ワンダー好き好き度がひしひしと伝わってくるところ。すげー楽しんで作ったんだろうなあ・・・。

wonder

|

ここまでコピーできたら凄いと思うので紹介

ふとYouTubeの画像を貼ってみたくなりました。もともとはこの記事にYouTubeへリンクが貼られてまして、みてみたら衝撃だったんでここでも紹介してみます。

これはPink Floydのコピーバンドの演奏なんだけど、ヴォーカルのBianca Antoinetteという人のうたが笑っちゃうくらい凄い。原曲(アルバム“狂気”収録の‘虚空のスキャット’)のClare Torryのうたを初めて聴いたときのことを思い出しましたよ。中学生でしたけど、すげーって感動しましたね。この人のうたはそれに匹敵します。観客は大喜びですが当然でしょう。いやーいいものをみさせてもらいました。


他の曲もいいですよ。有名過ぎるアルバムですが、未聴の方はぜひ!

|

やっぱりまぜこぜが好き

今年は年度の後半すっかり更新が止まっておりました。いかんなあと思いつつ今ひとつブログに向かう気が起こらない日が多かったです。個人的はいろいろあったんですけど、基本的に音楽以外のことを文章にする気がしないのでなんだか時間だけが過ぎてしまいました。環境を一新したいってこともあってMacを買った影響もあるかな。だいぶ慣れたけど使いこなすまでにはまだ時間がかかるだろうなあ。単にネットとかするだけならもう全然大丈夫なんですけどね。

今年何を聴いたかというネタをこの時期がみんなしてると思うんだけど、僕に関しては大きな変化はなかったかなあ。相変わらずジャンル分けし難い天の邪鬼な音楽が大好きです。ほとんど近しい趣味(好きなアーティストは必ずしも同じではないけど)人との付き合いを通して、「これでいいんだあ」と勝手に納得してしまったところもあります。もうこのままかわらんでしょうね。

今年よくきいたアルバムを2枚挙げときます。上はブラジルものでタワーで試聴買いしたアルバム。超ヘビロテ。大当たりでした。下は今年になってやっとよさがわかって聴きまくり。今までSteely Danってフュージョンっぽいって敬遠してたんだけど、先に書いた友人のおすすめもあって聴き直したのです。うーんかっこいいなあ。

Encore
Arthur Verocai“ENCORE”

The Royal Scam
Steely Dan“Royal Scam”

こんな感じで来年はちょこちょこ更新しようかなあと思っています。
皆さんよいお年を!!

|

引き続きFISHMANSを聴く

今日は“98.12.28 男達の別れ”。MCとか聴くと当日のことを思い出して胸が痛むからずっと聴かないでいたのですが、無性に彼らの音に触れたくて。体が欲してるみたいです。

本当に何年かぶりでじっくり聴いたのですが、‘LONG SEASON’が終わったあとの夢からさめたかのような拍手であの日のことを思い出してしまいました。すっごく鮮明に。でもつらさは感じませんでした。むしろ彼らが最高のライブバンドであることを再認識し、その証がここにあることの喜びの方が大きかったです。

’98.12.28男達の別れ

|

野音のLONG SEASON

LONG SEASON

すっかり記憶力が怪しくなったこの頃ですが、FISHMANSのこの名曲を初めて聴いたときの感動は未だ鮮烈です。連想したのはイエスの‘危機’。魅力的なテーマが様々に変奏される感じとか。最初と最後がつながってるとことか。長い曲なのにまったくダレル瞬間がないところとか。別に彼らがプログレだというわけではないけど、この曲にはそういう解釈をし得る構造があります。でもプログレとは違うよね。彼らの音楽はもっと切なくて、ゆらめいてるようで、でも鋭くて張り詰めているようで。

続きを読む "野音のLONG SEASON"

|

いつのまにかPCで

音楽を聴く人になってしまっていたみたいで、iTunesの件は結構痛い。いやCDで聴けばいいんだけねえ。当たり前に思ってたものがなくなるのは、困る。なんか調子でないなあ。

外付けHDを買うのは止めていっそ、iTunesサーバーとしてMac miniでも買っちゃおうかしらと思う今日この頃。東京にいる頃はMacを使って仕事をしてたわけだし・・・。OSXは触ったことないけどさ。

今は佐野元春聴いてます。“Coyote”はいいですよね。‘ラジオ・デイズ’聴くたびにまだ音楽を好きでいれてよかったなあと思ったりします。来週、彼のではないんだけど、久々にライブを見に行く予定。ライブも行く度、「まだ感動できるかなあ?」と自分に問いかけたりします。今のところ大丈夫そうです。楽しいことを考えて週末を過ごそうと思います。

COYOTE(初回限定盤)(DVD付)

|

紙やすりジャケをみてみたいなあ

itunesにアートワーク取り込みにはまってます。
しばらく画像なんていらんと思っていたのだが、やっぱりあった方が楽しいなあと思い始めました。どかーんとまとめて画像を取り込んでくれる「tuneSleeve」という便利なソフトもあるのですが、何ヶ月か前にフリーじゃなくなってしまったそうなので見送り、とりあえず「ちゅねとも」を使って1枚1枚作業しております。

今かかってるのは“The Return Of Durutti Column”。大好きなアルバムなので作業をストップしてしばし聴き入ってしまいました。夜が長く感じる今日この頃。

The Return of the Durutti Column

|

PCスピーカー変えてから

オーディオ関係のHPをいろいろ見てたんですが、実に面白いHP(ケーブルやらアンプなんかの通販HP)を見つけててしまいました。ここに書いてることが事実としたらすげーことです。例えばCDプレーヤーよりもiPodのヘッドフォンジャックからの音の方がはるかにいいとか・・・。ためしにCDから無圧縮のwavでリッピングしなおしてからiPodに転送して、iPodからこないだ買ったスピーカーを鳴らすと、確かにいい音がしました。次にiPodをいつも普段きいてるCDJの代わりに使って、ミキサー(SH-DX1200)→アンプ→スピーカー(両方とも初代K's)とつないで鳴らしてみました。・・・かなりいい音で聴けますね。僕の耳ではiPodが圧勝とまではいかなかったですが・・・。ここで売ってるケーブルなりアンプなりでほんとに激変するだろうか?バカ高いものを薦めていないのは良心的なんですが、手が出る価格帯なので試してみたくなる、という意味で危険なHPでと思ったりします。

てなわけで今はiPodで無圧縮wavのFree"Live"を聴いております。いつ聴いてもかっこいい。でもまだLPの方がいい音の気が・・・やばいなあ、オーディオの深みにはまらないようにしないと。

|

PCスピーカー買い替え

TIMEDOMAIN light

平日は音楽を夜聴くことが多いのでどうしても音量は絞って聴かなければいけないんですね。ヘッドファンは長時間聞いてると疲れるし。コンポで聴くと低音が響いてだめ。PCのスピーカーはそれなりの音だし。それでPCのスピーカーを買い換えることにしていろいろネットで探してると(こんなことしてる時用のスピーカーが欲しかったんだね)なんだか評判がよさげなのがあったので買ってみました。TIMEDOMAIN lightってやつ。目玉親父なルックスがお気に入り。音も1万円台ということを考えると結構いい音。音量絞ってもしょぼくならないし、ずっと聴いてても疲れないのでなかなかいいかも。平日はこれで音楽を聴くことになるそうです。でかい音で聴くのは週末のお楽しみ。

|

より以前の記事一覧