« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

やっぱりまぜこぜが好き

今年は年度の後半すっかり更新が止まっておりました。いかんなあと思いつつ今ひとつブログに向かう気が起こらない日が多かったです。個人的はいろいろあったんですけど、基本的に音楽以外のことを文章にする気がしないのでなんだか時間だけが過ぎてしまいました。環境を一新したいってこともあってMacを買った影響もあるかな。だいぶ慣れたけど使いこなすまでにはまだ時間がかかるだろうなあ。単にネットとかするだけならもう全然大丈夫なんですけどね。

今年何を聴いたかというネタをこの時期がみんなしてると思うんだけど、僕に関しては大きな変化はなかったかなあ。相変わらずジャンル分けし難い天の邪鬼な音楽が大好きです。ほとんど近しい趣味(好きなアーティストは必ずしも同じではないけど)人との付き合いを通して、「これでいいんだあ」と勝手に納得してしまったところもあります。もうこのままかわらんでしょうね。

今年よくきいたアルバムを2枚挙げときます。上はブラジルものでタワーで試聴買いしたアルバム。超ヘビロテ。大当たりでした。下は今年になってやっとよさがわかって聴きまくり。今までSteely Danってフュージョンっぽいって敬遠してたんだけど、先に書いた友人のおすすめもあって聴き直したのです。うーんかっこいいなあ。

Encore
Arthur Verocai“ENCORE”

The Royal Scam
Steely Dan“Royal Scam”

こんな感じで来年はちょこちょこ更新しようかなあと思っています。
皆さんよいお年を!!

|

Todd Rundgren/A Wizard, A True Star

A Wizard, A True Star

トッドに出会ったのはかなり遅くてきちんと聴いた最初はフリーソウルのコンピ。・・・というのがすでに間違っていたのかも。美メロでソウルフルなだけがトッドじゃなかったんだね~。

“魔法使い真実のスター”、この数日ヘビロテしてます。しばらくよさがわからずにいたのですが、こないだ・・・それこそiTunesにいれたのがきっかけで聴き直したんですけど、すぱっとはまっちゃいました。前半は実験的でわけわからんとこもあるけど、むずかしっぽいとこがないのがいい。深刻ぶったところがないのがいい。とっちらかってるけど、楽しいのがいい。ちょっとやりすぎかなあと思えるとこもあるけど、そこがトッドらしさなのかもとか思ったり。後半はあまあま。ソウルフルな歌声がとてもいいです。過剰な程の甘さ。でももたれないんですよね。何度も聴きたくなる。

本当にきれいなメロディがかける人だなあと思います。・・・最後の曲なんてため息がでそうな最高のメロディですよね。聴いてる間、3センチくらい浮かんでる感じがするような素敵なアルバムです。

|

ぼちぼち再開

またまたえらく間が開いてしまいました。
OSのLeopard移行作業は意外と順調にいったのですが、iTunesの曲を読み込む作業に時間がかかりました。アルバム1000枚超だもんなあ、しょうがないですよね。最初は更新しながら読み込みをしようかなとも思ったのですが、それだと書くのに気を取られてちっとも作業が進みそうになかったので思い切ってblogの方を止めちゃいました。

以来、来る日も来る日も読み込みの毎日・・・。ものすごく久々に聴いたCDもあったりして楽しくもあったのですが、やっぱり大変でした。でも今週でその作業もようやく終了。iPodのそもそものコンセプトである「ライブラリ全部持ち出し」がついに!実現しました。いやあすっきりした。

これを書くにあたり、音ログも久々に起動してみましたが、時々落ちちゃいますね。Leopardに対応できてないのかも。

次回から音楽ネタも再開する予定です。

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »