« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

引き続きFISHMANSを聴く

今日は“98.12.28 男達の別れ”。MCとか聴くと当日のことを思い出して胸が痛むからずっと聴かないでいたのですが、無性に彼らの音に触れたくて。体が欲してるみたいです。

本当に何年かぶりでじっくり聴いたのですが、‘LONG SEASON’が終わったあとの夢からさめたかのような拍手であの日のことを思い出してしまいました。すっごく鮮明に。でもつらさは感じませんでした。むしろ彼らが最高のライブバンドであることを再認識し、その証がここにあることの喜びの方が大きかったです。

’98.12.28男達の別れ

|

野音のLONG SEASON

LONG SEASON

すっかり記憶力が怪しくなったこの頃ですが、FISHMANSのこの名曲を初めて聴いたときの感動は未だ鮮烈です。連想したのはイエスの‘危機’。魅力的なテーマが様々に変奏される感じとか。最初と最後がつながってるとことか。長い曲なのにまったくダレル瞬間がないところとか。別に彼らがプログレだというわけではないけど、この曲にはそういう解釈をし得る構造があります。でもプログレとは違うよね。彼らの音楽はもっと切なくて、ゆらめいてるようで、でも鋭くて張り詰めているようで。

続きを読む "野音のLONG SEASON"

|

ちょっと甘すぎかも。でも好き

nanoでシャッフル再生で聴いてて、気になった曲について調べてました。

以前bonjour records で買ったよくわからんコンピに入ってた曲で、‘Way Back’ってタイトルでなんですけど、ドイツのJazzamorという男女ユニットが演ってるらしい。“Lazy Sunday Afternoon ”といういかにもなタイトルのアルバムの収録曲だそうな・・・。なんていうかこじゃれたカフェとかにかかってそうな曲なんですよ。っていうとなんか揶揄してるみたいですけど、こういうの僕は決して嫌いじゃないです。amazonで視聴したけど他の曲も結構いい感じ。でもアルバム通して聴いて飽きないかなあ?って気も。買うかどうかは思案中。

今通勤時に読んでるのはこじゃれたBGMにはまったく似合わない「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」って本。裁判を巡る人間模様、面白すぎ。最近は小説も読んでるんだけど、イマイチのめり込めず、こういう方面の本を読んでることが多いです。

lazy sunday afternoon(レイジー・サンディ・アフタヌーン)

裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)

|

Keith Jarrett with Jan Garbarek/Belonging

戦利品・その2

Belonging

今度はジャズモノで。このアルバムはジャケットがいいのと、ネットで誰かがオススメしてたのが頭に残ってて買ってみました。

キースさんはいろいろと手広くやってるのですが、これはヨーロピアン・カルテットの初録音作。冒頭のヤン・ガルバレクのサックスの透明な音色にやられ、一気にこのバンドの世界に引き込まれました。キースについてはどっちかというとバッキングに徹してるときが印象に残ったかも。すげー気持ちいいんだよね。後ろでこれが鳴ってるとサックスの音色も5割増しで美しく聴こえるような気がします。それとフリーで演奏を続けて不意に超美メロを繰り出すという技も例のごとくあり、はまります。反則ですよね~。

激しく暴れる部分と、甘く切なく決める部分がバランスがよくて繰り返し聴けそうです。・・・にしてもキース、だんだん揃ってきました。でもまだリーダー作が山のようにあるんだよね。やばいです。

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »