« 福岡伸一/生物と無生物のあいだ | トップページ | Tempest/Tempest »

僕らにはこの音楽がすぐそばにある

COYOTE(初回限定盤)(DVD付)

佐野元春の新譜“Coyote”が届きました。聴けば聴くほどいいです。

冒頭の文はその“Coyote”の中の‘君が気高い孤独なら’という曲の一節で、僕はこういうのに弱いんですよね。こないだテレビでこの曲を聴いたときもここでぐっときました。なんかこういう感覚、わかるなあって思ってしまう。思い起こしたのは小沢健二の‘天使たちのシーン’の最後のフレーズなんだけど、自分の好きなミュージシャンが音楽について音楽を通して語ってるのが好きなんですよね。あ、音楽への思いは同じなんだという喜びがあります。そういう意味では‘ラジオ・デイズ’という曲も感慨深いものがあります。ああ佐野元春はあの頃からずっと今も変わらず歌い続けてるんだよなと嬉しくなってきます。

|

« 福岡伸一/生物と無生物のあいだ | トップページ | Tempest/Tempest »

「音楽」カテゴリの記事