« 佐野元春/VISITORS | トップページ | 福岡伸一/生物と無生物のあいだ »

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」読了

葉桜の季節に君を想うということ

久々にミステリ読んでみました。こういうどんでん返しは好きです。アマゾンでは結構辛口のコメントが多いですが、いいじゃん、と思います。ああいう場で毒づく神経がいまいち理解できないんですよね。評論家じゃないんだからつまらないと思ったらコメントしなくてもいいんだよ、といいたくなる。ネタばれになるから内容はかけませんが、読みやすいし、読後感は思いのほかよかったですよ。

ちなみにBGMにしてたのは、Trey Anastasio "Trey Anastasio"。変幻自在で飽きさせない。最初は散漫かなーと思ってたんですけど。パーカッシブでファンキーな曲が多いし、だんだん気に入ってきました。

Trey Anastasio

|

« 佐野元春/VISITORS | トップページ | 福岡伸一/生物と無生物のあいだ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事