« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

GENESIS/THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY(幻惑のブロードウェイ)

The Lamb Lies Down on Broadway

こないだも同じようなことを書きましたが、片頭痛は週末に出やすくて昨日は薬を飲んで寝込んでました。夜にはなんとか回復してたのですが、今度は眠りすぎて、2時過ぎになっても目がさえまくり。

仕方がないのでなんか音楽でも聴きながら横になろ、ってことであんまりうるさくなくてお気に入りのアルバムをチョイスしたのが、これです。ピーガブ期ジェネシスの最終作、「幻惑のブロードウェイ」。学生時代散々聞き倒したアルバムなので、安心して身をゆだねられる。どこかわからないところに連れて行かれる感じがすばらしい。いいなあと思いつつ就寝。

続きを読む "GENESIS/THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY(幻惑のブロードウェイ)"

|

最近の出来事(GW明け編)

○先週の後半は片頭痛でつらかった・・・。久々の発作で薬を飲むタイミングが遅くてかなりへろへろに・・・なんとかマクサルトを投入して撃退。これ効くけどバカ高いので飲みたくないんだよねえ。なので毎日かかさず頭痛予防薬トリプタノールを飲んでます。この薬は本来頭痛薬じゃないんだけど、明らかにこれを飲みだしてから発作は減りました。体というのは不思議なもんですね。トリプタノール以外でも「なんだかわかんないけど効く薬」というのが片頭痛にはいろいろあるそうな。

○頭痛が直ったかと思ったら、昨日は思いがけず、お腹を壊して困りました。年を重ねるごとに胃腸が弱くなって困る。油っぽいのを食べすぎると胃にくるんだよね。お昼に食べたぺペロンチーノがいけなかったのか?好きなのになあ~。

○壊れたといえば携帯の液晶部分の一部にひびが入ってて買い替えを検討中。まあ使えないとことはないけど、見にくくてストレスがたまるのです。talby結構気に入ってたんだけどね。今日はショップで実機を見つつ店員にいろいろ聞いたがいまいち決め手に欠けたのでカタログのみ持ち帰りました。次はどれにしようかなあ・・・。

○せっかく出かけたので中古レコ屋によってみました。お買い上げは安かったのでEels“Daisies of the Galaxy”。名前だけは前から知ってたのですがちゃんと聴くのは初めて。想像よりはずっとポップでした。いいメロディ書くね~この人。かなり気に入ったのでこのアルバムについては後日別に書こうかなあ。

○その他最近よく聴いてるのはMike Westblook。やっぱり(英国を含む)欧州のジャズはいい。・・・と断言できるほど欧州ジャズも本場アメリカのジャズも聴いちゃいないけどねえ。

|

ELLIOTT SMITH/NEW MOON

New Moon

東京のタワーで見かけた、ELLIOTT SMITHの文字。新譜はもう出ないはずなのに、と思って説明を読むとどうやらアウトテイクなどをまとめたものとのこと。ちょっと視聴してみたら、当然ながら素晴らしいのです。やっぱりELLIOTTはいい、と独りうなずきながら即レジへ。

なんといったらいいんだろう?彼の曲にはある種のスリルがあると思うんです。メロディは結構、エリオット独特の節回しがあちこちで聴けるんですけど、曲を通して聴くとよくあるインディー・ポップみたいに全部一緒みたいには絶対なりえないというか(まあそういうバンドにはそれはそれで魅力があるんですが)・・・、はっとさせる瞬間が随所にあります。別にとんでもないことをやってるんじゃなくて、それはコードチェンジであったり、コーラスハーモニーであったり、ちょっとしたギターのフレーズであったりするのですが、そのちょっとしたことが凡百のミュージシャンにはできないELLIOTTならではの技なのでしょう。

とソングライティングのことをくどくど書きながらも“Thirteen”(Big Starのカヴァー)での歌声にはやられてしまいました。反則技というしかない切なさ。いいです。

|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »