« こういう日もあり? | トップページ | Julie Driscoll, Brian Auger & The Trinity/Streetnoise »

Blossom Dearie/Blossom Dearie

眼鏡とピアノと彼女の小粋な歌があれば

Blossom Dearie

何度かこのブログでも話題にしているBlossom Dearieだけど、きちんとジャケットを載せて紹介するのは初めてかな?眼鏡ジャケとしても秀逸なこのアルバムを閉店間近のタワーで買ってきました。まだこれは持ってなかったんですよね。

最近70年代にでたアルバムが再発されてきている彼女ですが、これは50年代にVERVEからでた完璧にジャズしているアルバム。でも彼女が歌っているだけでうきうきしてくるような雰囲気はこの頃からすでにあってとてもいいです。ジャズシンガーぽくない軽い歌声はジャズばっかり聴いているんじゃない人のほうに受け入れられそうな気がします・・とか書いてますがジャズ好きはほんとにこの声が苦手な人が多いのでしょうか?周りにジャズマニアがいないからよくわからないのですが。確かにむちゃくちゃ歌が上手い、というタイプではないし、ロリータヴォイスなんて書かれ方もよくされますけど、今となってはそんなに強調することでもないような。くるくると曲によって表情が変えていく表現力豊かな歌い方が彼女の魅力だとおもうんですよね。彼女のひくピアノも表情豊かにうたっててとてもいいですよね。

ちなみに冒頭の太字の後ろには「それだけいい。聴いてると心地よすぎて何にもする気が起こらないけど」と続きます。ああもう夕方になっちゃったし。

|

« こういう日もあり? | トップページ | Julie Driscoll, Brian Auger & The Trinity/Streetnoise »

「わたくし的名盤(A~G)」カテゴリの記事