« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

新しい机がきた

今までちっこいパソコンデスクで頑張っていました。というか、ネットするだけならさして不便ではなかったのですが、ちょっとした資料をみて書き物をするとかがまったくできず、不満がたまりまくり、ついに購入に踏み切りました。↓

New_desk_1

今までとは横幅が2倍の1200×800。文具メーカーのPLUSがやっているgarageで取り扱っているfantoniというイタ製の平机。やたら重いのですが、安定感抜群。広々としていて大満足☆奥に見えるプリンタを載せてるラックも一緒に買いました(こっちはfantoniではない)。・・・後はデスクスタンドだな・・・。

|

めかくしプレイ

ここ数年は音楽雑誌はほとんど買わなくなってしまったのだけど、この本の元になっているMUSIC MAGAZINEの連載だけは好きで立ち読みだけどチェックしていた。著者である松山晋也さんがミュージシャンをゲストに招いてそのゲストにかかわりがありそうな、影響を受けてそうな、好きそうな曲を聞かせて、曲目を当ててもらいつつ話を聞くという内容なのだが、選曲が絶妙で、そのやり取りからゲストの音楽観やら人柄やらが浮かび上がってきてめっぽう面白い。

続きを読む "めかくしプレイ"

|

John Mayer/Continuum

Continuum

気持ちいいアルバム。まず声がいい。スモーキィな声質というのか。思わず聞き惚れる。曲によってはちょっとスティングを思わせりもして。声だけではなくて歌そのものも上手い。ブルージーだけど渋くはなり過ぎない曲調も彼にはあっていると思う。でもって彼のギターも素晴らしい。ストラト特有のあの音色で印象的なフレーズをいくつも奏でる。けっして弾き過ぎないのだけど存在感がある。そんなジョン・メイヤーのバックを固めるバンドの演奏、ことにドラムの素晴らしさにも触れないわけにはいかない。スティーブ・ジョーダン、彼のドラムは曲調にほんとにぴったりで、何度聴いても気持ちよく聴ける要因の大半がここにあるのかもとさえ思う。

続きを読む "John Mayer/Continuum"

|

[re:jazz]/expansion

Expansion

何回も頭の中で、‘People Hold on’が‘Promised Land’が‘Finally’がそしてハービーの‘Rock it’繰り返し、流れる。なんだかえらい気に入ってるみたいだ。試聴したときからよいのは分かってたんだけど、よく出来すぎていて飽きちゃうかな、とも思っていたので自分でも意外だった。上記の曲にはクラブ・ヒットした曲とモノホンのジャズが混在してるのだけど、全然違和感がないのが素晴らしい。彼らはきっとフロアで何が受けるかも良く知っていて、でも同時にジャズも大好きなんだろう。

[re:jazz]はもともとはクラブ・ジャズ系のレーベル、インフラコムのヒット曲をジャズにしちゃおうという企画もののプロジェクトだったんだけど、3作目の本作で初めてオリジナルを収録したりしてバンドとしてのアイデンティを確立しているみたいだ。オリジナルも結構いい曲が揃ってると思う。どうしてもカバーに耳がいっちゃうのはそれが、とてもいい曲、かつジャズアレンジして時に映える楽曲だからだろう。そしてアレンジの妙。‘Rock it’とかすっごい新鮮に響く。僕はフロアの住人ではないので、クラブ側のヒット曲の原曲は知らないんだけど、やはり斬新な料理がなされてるんじゃないだろうか?原曲もいいんだろうなあ。

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »