« 同じものをぐるぐると | トップページ | Television Personalities/And Don't The Kids Just Love It »

Mighty Baby/Mighty Baby

Mighty Baby

最近ジャズ系にかたよってたのでたまには違うのを聴こうかと手に取ったのはこれ。
書く前にいろいろ調べてたんだけどあんまりネットで取り上げてる人はいない。すげーマニアックなバンドなのかな?Actionというバンドの後身にあたるらしいが、Action自体が知る人ぞ知るという存在らしい。Paul WellerがActionのファンらしいが。てことはモッズ系?でも後身たるMighty Babyはメンバー、特にヴォーカルが違うせいか、そういう音ではない。69年英国産ロックらしい説明しにくい音だ。ブルース・ロックとかジャズ・ロックとかいう何とかロックみたいないわれるようになる前のロックなアルバム。1曲目のサックスのメロディが強い印象を残すんだけど、その曲も含め、それほど複雑で気をてらった曲構成ではないし、ジャケットから想像されるような、サイケな演奏でもない。ジャムっていくうちに曲がどんどん変化していく感じがいかにもこの時代の音って感じだけど、冗漫さは感じられないのはセンスのよさ故?ヴォーカルのメロディとコーラスがよい、というか練られているのも飽きがこない原因かもしれない。

ああ、説明しにくいなあ。昔、「ルーツ・オブ・ブリティッシュ・ロック」という本でこのバンドの記事を読んだとき、なんか凄そうだとずっと気になって、数年後CD屋でこのジャケットを見かけたときに買ってみたんだけど、そういうインパクトをこの文章であたえるのはとても無理そうだ。このアルバムにはActionの音源がボーナストラックで付いてるんだけど、これは60年代のブリティッシュ・ビートの流れで説明できそうな音なんだよね。メロディやオルガンのフレーズが妙にクラシカルで時代が感じられるのもいい。普通に曲も演奏もいいし売れてもおかしく音。売れなかった、というか正規なアルバムも出なかったらしいけど。Mighty Babyはこれよりもゆるくてメロディはいいけどポップさに欠ける。だからこれがMighty Babyの個性なんだと思うけど、それ故マニアックな存在にとどまったんじゃないだろうか?

|

« 同じものをぐるぐると | トップページ | Television Personalities/And Don't The Kids Just Love It »

「わたくし的名盤(H~N)」カテゴリの記事