« ホーザ・パッソスはMPBの人ではないの? | トップページ | Gary Bartz/Music Is My Sanctuary »

Scritti Politti/White Bread Black Beer

何度聴いても飽きが来ない

“Cupid & Psyche 85”の頃とちっとも変わらないあのグリーンの声が聴こえてきた。例えばPrefab Sproutのパディ・マクアルーンやかつてのブライアン・ウィルソンのような透き通った哀しい歌声。周りの空気さえを浄化させてしまうような声が好きだ。グリーンの声は彼らよりは甘いかな?でも素晴らしい。今回はその最高の声がたっぷり聴ける。グリーンにしては素直な楽曲、リズムが強調されていないアレンジは“Cupid & Psyche 85”の頃の斬新さ、鮮やかさはないのかもしれない。でも新しさだけが彼の音楽の価値ではないと思う僕はとても気に入っている。幾重にも重ねられたグリーンの声が耳に快い。やっと自分の声の価値に気づいたのか、という感じだ。

White Bread Black Beer

|

« ホーザ・パッソスはMPBの人ではないの? | トップページ | Gary Bartz/Music Is My Sanctuary »

「わたくし的名盤(O~U)」カテゴリの記事