« Josh Rouse/1972 | トップページ | Manuel Göttsching/E2-E4 »

Rei Harakami/わすれもの

うたのないうた

Wasuremono

1曲目の‘にじぞう’の美しさ。これすっごいいいですわ。このひとについては誤解してたな~。よくいるクラブ系のかっこいい人と思っててちょっと敬遠してました。もっとはやく前作とか試聴したらはまってたかもなあ・・・。

他の曲は未発表曲をまとめたものらしいですが、古い曲から最近の曲まで一貫して明確な個性があるので、安心して彼の世界にひたれます。こういうメロディがなくてアンサンブル全体で聴かせるタイプの音楽も好きなんだよね。あ、メロディはあるか。でも断片的で歌メロにはなってない。そういう断片を組み合わせて通常のうたものとは違うんだけど、ちゃんと「うた」になっているというか。こういう風にかくと難解だと思われそうだけど、全然そんなことはないです。この人懐っこい感じ。人肌感のある電子音は癖になりそうです。

例によってこれを書く前ネットで情報を集めてたんだけど、結構インタビューとかあるよね。音楽遍歴とか結構共感できるものがありました。ブログもおもしろいし。さすが、ジャケットにちくわを使う人は一味違うなあ・・・。

公式ブログ:『ハラ山レー三郎の沖縄遠征中問答』

インタビュー(音楽遍歴にふれてます):レイ・ハラカミさんに伺う

|

« Josh Rouse/1972 | トップページ | Manuel Göttsching/E2-E4 »

「わたくし的名盤(ら~ろ)」カテゴリの記事