« ショコラと片寄、相性抜群 | トップページ | 涼しくなるとフィッシュマンズを聴きたくなるのだ »

Scritti Politti /Cupid & Psyche 85

アルバムの後ろ3曲は12インチヴァージョンなのかな?

cupid

こないだ一人PSY・S祭り状態になったとき、ふと聴きたくなって部屋を探しまくったアルバム。以前CDを大量に処分したときにうっぱらっちゃってたらしく見つからず。80年代ものが陳腐に聴こえた時期があったからな~。で、先週中古屋で見かけて安かったんで買ってきました。

今の自分がいいと思えるかな、とちょっと身構えて聴いてみたら意外なほどよくってびっくり。いかにもベストヒットUSAしてるアレンジと音作りって古く聴こえるはずなんだけど、まったく問題なくかっこいい。上手くいえないんだけどリズム隊が今日的なんですよ。リズムが素晴らしい音楽っていつまでも新鮮でいられるんだよね。クラブ系の音やHIPHOPとかを多少とも聴いている耳で80年代の音楽を聴くとリズムが弱いなあと思っちゃうんだけど、このアルバムは余裕で聴ける。典型的な80年代のポップ・ミュージックなんだけどなあ。不思議だ。

にしてもシンセの音とかは懐かし満点。曲は‘PERFECT WAY’‘WOOD BEEZ’をはじめ粒ぞろい。グリーンの声はやっぱり好きだなあ。


|

« ショコラと片寄、相性抜群 | トップページ | 涼しくなるとフィッシュマンズを聴きたくなるのだ »

「わたくし的名盤(O~U)」カテゴリの記事