« Faces/Long Player | トップページ | Lou Reed/New York »

Ronnie Lane & Slim Chance/Anymore for Anymore

セピア色の風景

anymore

田園風景。緑の切れ目に家が見える。ロニー・レインは馬車に乗って仲間と一緒に次の街へ。なんて想像をさせるジャケットです。

牧歌的でノスタルジック。アメリカの方を向いてるはずなのににじみ出るイギリス人の血。お祭り騒ぎ。夜通し騒いでる合間に見せるわけもない寂しい表情。いや、歌声。ちょっと線が細い震える声質がなんとも印象的で。いいですよね、こういうの。

肩の力、抜けてます。いやベストは尽くしてるんだけど、どこか余裕があるというか。フェイセズでは裏方で頑張りすぎて磨り減ってたのかもしれないな、とか勝手に想像してしまいました。

前回紹介したアルバムにも入ってる‘Tell Everyone’が再録されてます。どこまでも優しい歌声、澄み切った空を思わせるサウンドがたまらなくよいのです。

|

« Faces/Long Player | トップページ | Lou Reed/New York »

「わたくし的名盤(O~U)」カテゴリの記事