« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

Musical Baton

なんかはやってる。と思ってたらゆうさん祥さんからまわってきました。
散々悩んだ結果↓のような結果となりました。

■Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

20.98 GB。溜め込んだなあ。たいていiTunesのパーティシャッフルで聴きながらネットしてます。
で、久々に聴いて、やばい、やっぱりかっこいいと思ってCDを取り出してアルバムを聴きなおしたり、ここのネタになったりします(笑)。
■Song playing right now
(今聞いている曲)

今はDonny HathawayのLive盤の‘The Ghetto’がかかってます。かっこいいねえ。

■The last CD I bought
(最後に買った CD)

こないだのエントリで書いた3枚
Terry Callier/The New Folk Sound of Terry Callier
Bobby Hutcherson/Happenings
Neil Young/Tonight's the Night

聞いた回数はいまのとこTerry Callierが多いなあ。かなり好きで目に付くと買いたくなってします。昔々はイベントでかけたりもしたし。

■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

5曲とかきつすぎる~。仕方ないので、ライブを観たことあるという縛りを入れて無理やり選曲。
外タレあんまり行ってないので洋楽は1曲のみです。

見方は:アーテスト/曲/アルバム です。

Elliott Smith/Waltz #2 /XO
基本的に捨て曲なしの人なんだけど、このアルバムのこの曲がやっぱり好き。観れてよかった。

GREAT 3/Oh,Baby/Richmondo High
ライブいっぱい行きました。近作もアルバムは聴くけど、ライブではこのころの曲がいいよね。

Gomes The Hitman/雨の夜と月の光/weekend
ライブいっぱい行きましたパート2。この曲のワクワク感がよいのです。

Port Of Notes/With This Affection/With This Affection
なぜかフルアルバムよりはマキシの方が好き。シンプルな音と美しい歌声、他は何もいらない。

鈴木祥子/River's End/I was there,I’m here
彼女の歌の主人公は凛としてていい。別れの歌でも聴いてると元気が出てくる。


■Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す 5 名)

この項目も困る。交友関係狭いし。でも回答よんでみたいなと思う人を選んでみました。

えひなさん
hamnieさん
かなめさん
loozzerさん
Musicmanさん

いきなりTBとかメールしちゃうことになってすいません。
もちろん回答は出来たら、でいいです。
チェーンメールじゃないんで、答えなくても不幸になりません(笑)。

|

SILENT POETS/La Vie

la_vie

今日はダブ繋がりで、サイレント・ポエッツ。

これが僕が持ってる彼らの音源で一番昔のもの。
でもって一番好き。

反復するリズムに透明感溢れるアレンジ。
フランス人による呟くようなラップ。

自分に思考が向っていくような独特の作用があります。
深く沈みこんでいくような。

初期のほうが緻密過ぎない音作りなんだよね。息がつまらない。

久々に聴いたけど、やっぱりいいな。
この時期のCDでもってないのもあるんだけど、欲しくなってきました。

|

JMB連携TB企画 第42弾/雨の匂い

ZEPの‘rain song’とかCCRの‘雨をみたかい’とかBEATLESのそのものずばりの‘rain’とかそういう連想は思いつくんだけど、いまいち記事を書く気になれず、そのままになってたんですが・・・。

さっきふと思い出してこれをかけてみました。

MUTE BEAT‘AFTER THE RAIN’

聴いたことがある方はお分かりだと思うのですが、まさにタイトルどおり、「雨上がり」の微かに雨の匂いを含んだ情景が浮かんでくるんですよね。レゲエという異国のリズムを用いた曲なのに、どこか日本を思わせるところもあって。一度聴くと何度も繰り返したくなる名曲です。

この曲が入ってるアルバムは初期の音源をまとめたものなのだけど、MUTE BEATのゆるぎない個性はすでに確立されてます。タイトル・トラックのトランペットとかすごく好き。
いつまでも古びない音楽ってあるもんだな、と改めて思いました。
stillecho
MUTE BEAT/STILL ECHO


|

iPodって

首都圏以外は案外普及してないのかも。白いイヤホン、あんまりみません。
北九州に戻ってから、感じたのは東京ほど、公共交通機関が発達しているところはないってことで。
電車よりも車です。まあ長時間通勤する人自体、少ないだろうし。

やっぱiPodは電車通勤との相性がいちばんいいよなあ。

自分はまだ車がないので、シャッフルを聴きながら電車通勤。乗ってる時間より待ってる時間の方が長い気がするのは、電車の本数が少ないからだな。ていうか東京が間隔短すぎるのかな?

そんなこんなで土曜日タワーで3枚購入。明日からこれをシャッフルに突っ込んで通勤予定。
今はTerry Callier聴いてます。渋いねえ。

Terry Callier/The New Folk Sound of Terry Callier
Bobby Hutcherson/Happenings
Neil Young/Tonight's the Night

|

時々この手の音が欲しくなる

In Between

JAZZANOVA/In Between

昼間はニール・ヤング聴いてたんだけど、今は全然違うのが聴きたくなって。
打ち込み細かすぎ。ヒップホップでジャズでソウル。当時新譜で買ったんだけど、あの頃はクラブ系の音が気になっていろいろ聴いてたな。クラブになんて行かなくなってたのにね。後はブラジルモノにはまってた。どちらもリズムが面白くて、凝りまくった音なのに聴きやすいとこが良かったんだよね。

しかし、クラブ系は少し目を話すとさっぱり分からなくなるね。いや、元々よく分かってなかったんだけど。雑誌とかも読まなくなっちゃったしね。

今はどういう感じの音が盛り上がってるんだろう?

|

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »