« 音楽が取り持つ縁 | トップページ | 色んなものを同時に追いかけてる »

鈴木祥子について

気がつくと最近、この人のCDを聴いているのです。
凄い好きで。最初はCandy Apple Redを中古で買って、次にあの素晴らしすぎるライブ盤I was there,I’m hereにやられて・・・。

元々女性ヴォーカル好きではあるのですが、ちょっと次元が違う好きさかもしれません。

楽曲がいい。うたわれる内容も凄くリアルな手触りがあって素晴らしい。声もただ良い、というよりは凄みがある、などなど魅力はたくさんある。でも、それだけで(って充分凄いことなんですけどね)こんなにはまってるのかな?

そんなことを考えながら今日はゆっくり彼女のアルバムを聴いていました。
まだ聴き始めて数ヶ月なので個々のアルバムについて云々することは出来ないけど、徐々に書いていこう、とかいずれはコンプリートせねば、とかライブ観たいぞ!とかいろいろ思いました。

で、すごく感じたのは、彼女は音楽が好きなんだなあということ。それも尋常じゃないレベルで。
そこが彼女の音楽の割と根っこのとこにあるんだなあと。多分そこに自分は反応してるんだろうと思うのです。

鈴木祥子は表現せずにはいられない人ではあるけど、その手段は何でもいいわけではなく、絶対音楽でなければならないんだと思う。なぜなら音楽が好きだから。よくいる「自分を表現するために今回は歌詞も書いてみた」という女性ヴォーカルとはまったく違うんですよね。だから、キャリアを重ねる毎に自分で自分の音楽のすべてをコントロールする方向に進んでるんだろう。

歌詞も魅力的ですよ、もちろん。多分彼女と恋愛の話をし始めたら、いつのまにか音楽の話になって、しばらくしたらまた恋の話になってるんじゃないかな?とか勝手に想像したりして。

・・・今回はまったくまとまってないな。

今日の時点でいちばん好きな曲は‘プリヴェ’(私小説収録)です。明日になったら変わってるかもだけど。

|

« 音楽が取り持つ縁 | トップページ | 色んなものを同時に追いかけてる »

「音楽」カテゴリの記事