« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

ペイル・ファウンテンズを探して

こないだ地方在住の友人から「東京に来たらこのCDを探すぞー」て感じのメールが来ました。
とても楽しげな文面。こういう楽しさ、僕にも覚えがある、とても懐かしい感情。

僕は埼玉都民ってやつで就職のため上京してからからもうかなりになるのですが、九州人である自分に知り合いがあるわけもなく、週末のたび、独りでレコ屋を梯子してました。地方とは違って「ないCDがない」という状況がうれしくてたまらなかったのです。

渋谷系華やかな時期で、元パーフリの二人やピチカート、オリジナルラブ、ラブタンあたりが好きでした。雑誌のインタビューを読んで彼らお勧めの曲を探して移転前のタワーやHMVをうろうろ。ただ当時はそのお勧めがジャンル的にどういうものなのかがさっぱりわかってなかったなあ。

その当時いつも探してたのが、ペイル・ファウンテンズでした。いろんなとこで絶賛されてて、めちゃ心惹かれてたのですが、国内盤は出ていなくて、輸入盤もなかなか見つけられず、たまに見かけたときは手持ちのお金がなかったりして、手に入れるのに何年かかかりました。

続きを読む "ペイル・ファウンテンズを探して"

|

Colin Blunstone/One Year

一年間

必要な音しか入っていないことの強さ

そういうアレンジが好きなのです。出来うる限りシンプルに。ダイレクトに聴き手に突き刺されような音楽が聴きたい。
華美になりすぎるのは興ざめだ、というわけで自分はストリングスが入っているアレンジが苦手だったりします。

続きを読む "Colin Blunstone/One Year"

|

おフランスのブラジルモノ

今日は酷使していた革靴の底が抜けたので新しいのを買いに行ったのです。
色々見てたのですが、珍しくパラブーツのシャンボーが安くなっていたので買ってしまいました。とはいえ僕にしては高かった。まあ、これは底、抜けないだろう・・・。ああ、これでCDが何枚買えるのか、とか思ったのはいつものとおり。

本当は別のを紹介するつもりだったのですが、みきさんの記事を見ていて気が変わりました。


続きを読む "おフランスのブラジルモノ"

|

Big Star/#1 Record/Radio City

1_radio

昨年末、鈴木祥子が

ライブで、‘Back Of A Car’(Radio Cityに収録)を演ったというのを読んで、久しぶりにこの初期の2in1を聴いてみたんだけど、やっぱり素晴らしいですよね。楽曲のよさと練りに練ったアレンジ、美しいハーモニー、一体感に満ちた演奏。

続きを読む "Big Star/#1 Record/Radio City"

|

今年もよろしくお願いします

なんだか年末から寒いですね。寒いのは苦手です。冷え性だし。せっかく実家に帰ったのにほとんど外に出なかったです。家の近所の子がでっかい雪だるまを作ってました。そういえば、自分も九州人なので子供の頃は雪が積もると嬉しかったなあ。
自分も子供のようにとは行かないでしょうが、出不精にならず、面白そうなことがあれば出かけていく好奇心を失わないようにしたいですね、音楽に限らず。

去年から始めたこのblog。脈絡のないラインナップにもかかわらず、見に来てくれた人たちにはほんと感謝です。今年もこの路線は変えずにいけるとこまで行こうと思ってます。


|

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »