« ユキヒロさんはポップだ | トップページ | 帰省します »

The Wooden Glass featuring Billy Wooten/Live

woodenglass

ヴィブラフォンなアルバム:その2

とにかく観客が熱狂してる。それを受けて演奏はさらに盛り上がっていく。
・・・というのがリアルに伝わってくるのがいい。タワーの視聴機で一人で盛り上がってたのは僕です。

72年発表。ジャズ・ファンク系バンドによる実況録音盤(っていう言い方がこのアルバムには似合うと思う)。
解説によるとビリー・ウッテンはグラント・グリーンと競演暦のあるヴァイブ奏者だそうですが、彼はそこでもこんな熱狂的なプレイをしてるのかな?ヴァイブ、オルガン、ギター、ドラムスのカルテッドによる凄まじくパワフルな演奏プラス観客の歓声は他に類を見ない魅力に溢れていて圧倒されます。

その場に居たかった・・・と思わせるのがいいライブ盤の条件ですよね。これ聴くとほんとそう思いますよ。凄かったんだろうなあって。

|

« ユキヒロさんはポップだ | トップページ | 帰省します »

「わたくし的名盤(A~G)」カテゴリの記事