« U2の新譜を聴く | トップページ | Graham Parker and the Rumour/Stick to Me »

Gong/Gazeuse!

gazeuse

楽しいよ

ジャズじゃなくて、ビブラフォンがかっこいいもの?
むずい・・・って思ったけど、これがあるじゃない、ってことで紹介。

このアルバムは主要メンバーがみんないなくなってもバンドが続いてく、プログレでありがちなパターンの王道を行ってます。ってこの時期のリーダー、ドラマーのピエール・モルレアンが怒るか。でもアラン・ホールズワース参加ってことのほうが有名なこの作品、そのせいか、かなりフュージョン入ってるけど、やっぱアメリカのそれとは感触が違います。ビブラフォン、マリンバほか打楽器が大活躍してて楽しいのです。それらの音の間ををぬうようにして弾きまくるホールズワースも気持ちよさそう。

楽曲、メロディ、アレンジとも練られていて聴いていて飽きません。初期とはまるっきり別物だけど、この頃のGongもいいよ~。

|

« U2の新譜を聴く | トップページ | Graham Parker and the Rumour/Stick to Me »

「わたくし的名盤(A~G)」カテゴリの記事