« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

色々買いました

今日は都内に出ようということで、原宿bookoffに行ってみた。
いきなりタワーとかに行くと散財しすぎるからだ。ここは中古CDがいっぱいあるのでじっくり見まくった。
以下がその収穫。

・Steely Dan/Pretzel Logic
・Cyndi Lauper/She's So Unnsual
・Psy・s/Two Hearts
・鈴木祥子/Candy Apple Red

続きを読む "色々買いました"

|

ヘビーメタリックだぜ、おい

キタガワさんは後輩に「先輩、ロックにソフトなんてナイッスよ!」といわれたそうですが、中学高校までは僕もそういう傾向があったかも。特にYMO散開後は圧倒的にメタラー度が高まりました。周りにもいっぱいいたし。

当時は洋楽だったらJUDAS、MSG、OZZY、RAINBOW、IRON MAIDEN、SCORPIONS、日本ならラウドネス、アースシェイカー、44マグナムあたりがはやってて、テープの貸し借りをよくしたものです。

続きを読む "ヘビーメタリックだぜ、おい"

|

Nick Drake/Pink Moon

pinkmoon.jpg

突き詰めた末の美しさ

彼は彼の音楽を掴み取ったのだろうか。これでいい、やることはやった。わかってくれるよね。そう訴えかけてくれるような声色。穏やかな孤独。彼にしか弾けないアコースティック・ギターの調べ。

今はもういないニック・ドレイクが間近に感じられるこのアルバムが好きです。包まれて眠りにつきます。

|

Keith Jarrett/Facing You

facing_you.jpg

これは聴き倒しました

何度聴いても出だしのピアノの音に強烈に惹きつけられるアルバムです。硬質でひたすら美しい音。ピアノってこんな風に鳴らせるんだなってこれを聴いたことがある人はそう思うんじゃないかな。

続きを読む "Keith Jarrett/Facing You"

|

季節外れの‘あじさい’

例によって、iPodを聴きながら帰宅中、すっごい好みのストリングスが耳に飛び込んできて、なんだっけ?と一瞬考えてたらソカベの声が。

すげー、いい曲じゃないか、これ。といまさら気づく自分。これがおとといの話。それ以来聴き続けてます、このアルバム。

sunny_tokyo.jpg
サニーデイ・サービス/東京

続きを読む "季節外れの‘あじさい’"

|

クリスマスソングぢゃないな・・・

JMB連携TB企画 第27弾/Music for Chirstmas!に参加しようと思ってはみたものの、自分はいわゆるクリスマス・アルバムなど持っていないのであった。だって12月頃しか聴けないんだもん、買うのはもったいないじゃない?というせこい考えの下、聴いたことあってもほとんどレンタルばっかりだったりする。

Coda
坂本龍一/Coda

続きを読む "クリスマスソングぢゃないな・・・"

|

Nara Leao/Os Meus Amigos Sao Um Barato(ナラと素晴らしき仲間たち)

nara_os.jpg

いつも懐かしく、いつまでも新しい音楽

聴いていると、すっごく楽しい、でもなんか少し寂しい不思議な気持ちになる作品集。日曜日の夕方感といえばいいのか。曲調はバラエティに富んでいるし、アレンジも多彩、そしてうたと演奏を無心に楽しんでいる雰囲気が素晴らしく何度聴いても飽きません。

続きを読む "Nara Leao/Os Meus Amigos Sao Um Barato(ナラと素晴らしき仲間たち)"

|

夢の競演/「夢・音楽館」

見た。で、思ったこと。

田島貴男・・・迷いがなくなってる。
忌野清志郎・・・迷いが微塵もない。

普通どこか無理を感じるもんなんだけど、まったく自然な清志郎、凄すぎ。

久々にテレビみて楽しかったような気がします。

|

Gay & Terry Woods/Backwoods

backwoods.jpg

暗がりのフォークロック

中学生の頃、友達が貸してくれたZEPの4枚目。「‘天国への階段’が凄いんだ」って言って、曲目も書いてないカセットテープを手渡してくれた。家に帰って聴いて一番感激したのはA面3曲目。何度も繰り返し聞いて友達に返しながら、「女性ヴォーカル、凄いね」といったら「?」って反応。実はその曲は‘天国への階段’とは別の曲で、ロバート・プラントと競演していたその声はサンディ・デニーだったというわけ。それがブリティッシュ・トラッド・フォークと出会ったきっかけでした。

続きを読む "Gay & Terry Woods/Backwoods"

|

面白すぎる

hang_all_djs3.jpg
soulwax presents hang all dj's volume3

今日は会社帰りに新宿に以前作ったスーツを受け取りに行きました。
でいつものようにbonjour recordsに寄りました。
ここは面白いCDが見つかるので新宿に出ると必ず行くのですが、今日は店内でかかってました、なにやらおいしそうな音楽が。

続きを読む "面白すぎる"

|

間違えて

古い記事ををTrackback PeopleにTBしてしまった。
見に来てくれた方、失礼しました。

ただそれだけの記事にするのもなんなので、マイiPod(3G)を公開してみます。

ipod.jpg

続きを読む "間違えて"

|

もうひとつ紹介

昨日から風邪を引いちゃってるので、今日は部屋でネットしてました。好きなバンド名とかで適当にぐぐって当たったサイトをのぞいたりして。そしたら面白いページを見つけました。特にもう42回も連載してる「聴いてない」とシリーズが楽しい。

続きを読む "もうひとつ紹介"

|

ピーター・バラカンの50枚

というのがあるというので見てみた(曲目はこちら)。
情報元はk-hikoさんのこの記事なんですが、そこからたどっていくと音楽好きの輪がつながってます。

僕が持っているアーティストは19、アルバムとしては13枚でした。バラカンさんのセレクトは立体的というかロックとその背後にあるものを指し示しているようで興味深いですね。

|

何をうたっているか

ということと同じくらい、どううたっているかということが重要だと思うのです。

昨日購入したアルバムに共通するのはうたの素晴らしさ。
聴いていて惚れ惚れします。
単に声がいいとか上手いというのを超え、心が揺さぶられるうたというものがあるのだ、というのをこうした作品を聴くと実感します。


続きを読む "何をうたっているか"

|

タワレコに行く

例によって散財。今日はいい買い物が出来たな~。

・ハマレグミ/日々のあわ('04:japan)
・Port of Notes/Evening Glow('04:Japan)
・Elliott Smith/from a Basement on the Hill('04:USA)
・Donny Hathaway/These Songs for You,Live!('04:USA)
・Blossom Dearie/1975:from the Meticulous to the Sublime('75:USA)

続きを読む "タワレコに行く"

|

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »