« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

Brian Auger,Julie Driscoll & The Trinity/Open

open.jpg

モッド・ジャズ、ですね

もろモダンジャズっていうのをあんまり知らないんで、ジャズ系で何か紹介するとこの辺になります。これはトリニティとしての1作目。最初の‘In And Out’(Wes Mongomeryの曲)からブライアンのオルガンが炸裂してて嬉しくなります。でもそれだけで押し通してるわけではなくて、ラテンなパーカションで盛り上がるものや、ジュリ-・ドリスコールのソウルフルな歌が楽しめる曲もありとバラエティにとんでます。67年発表なんですが、まるっきりサイケでないのも面白い。ていうかその頃がサイケ1色というのも思い込みだよね。最後のDonovanのカバーがすっごくクールで好きです。

実はこのアルバムはジャケ買いでした。ブライアンは名前だけ知ってたかな。かっこいいなあ。スウィンギング・ロンドンっていうのはこういう感じなんでしょうか。

|

気が付くの遅すぎですかね

やはり音楽ファンとしてはレコミュニの動きは気になるとこですよね。

以前からCCCDや輸入権問題については気になってはいたものの、自分がblogを始めたときには、すでに改悪著作権法が成立したこともあって、その間の動きをよく知らなかったんです。で、こないだソニーとエイベックスがCCCDの弾力化を発表したこともあって、いろんなサイトをのぞいてたら、高橋健太郎さんのblogに輸入権反対をのめぐる経緯が詳しく乗っていて、その流れでレコミュニの話を知ったんですね。


続きを読む "気が付くの遅すぎですかね"

|

かの香織/ウォーホールと私

warhol_to_watashi.jpg

雨降り

になると聴きたくなるのがこのマキシに入っている‘スコール’。
「彼の誕生日プレゼントを買いに出たら、雨に降られて云々」というよくある歌詞なんだけど、彼女のうたとピアノにヤン富田が付け加えたちょっとした効果音がぴったりはまってなんだかすごくいい。

もちろんウォーホールに象徴されるニューヨークのアーティストとその時代への憧れを歌ったタイトルトラックも伸びやかなメロディとちょっとさびしい歌詞が印象的な2曲目もいいです。

このジャケットに写っているのは地下鉄の六本木駅で、内には以前書いた青山ブックセンターで立ち読みをしているかのさんの写真があったりします。これは都市の中にアートがあるということの象徴なのでしょうか?

かのさんは青い地球はてのひらからこのマキシを経て、EXTRA BRIGHTが出るころまでがいちばん好きです。

|

Keith Jarrett/The Koln Concert

koln_concert.jpg

いいです

こないだ矢野顕子を紹介したんで、こんどはピアノの響きがいいやつってことで久々に聴いてみたんだけど、いいなあ、やっぱり。全編、ピアノソロのみ、しかも完全な即興演奏。なのにまったくだれない。快い緊張感とともに紡ぎだされる尋常じゃない美しいメロディ。1曲目とか26分もあるんだけど、聴くのを中断するなんてできっこない。そして演奏が終わって一瞬後に湧き上がる拍手を聴いて、「ああライブなんだよな」といつも思います。

しかし、ケルンを紹介しているサイトの多いこと!かなりポピュラーな作品なんだけど「自分だけのもの」という特別な感じを与えてくれる音楽であり演奏なんですよね。

|

矢野顕子/Super Folk Song

superfolksong.jpg

どういう風に書いたらこのカヴァー集のよさが伝わるのだろう?

と思って色々書いてみたんだけど、まだ僕には手に余るようです。

他のアーティストに提供した曲とカヴァー曲で構成されたアルバム。
使われている楽器はピアノと矢野顕子の声のみ。でもその響きはオーケストラよりも雄弁だよね?
素敵すぎ。これを聴くたび、音楽好きになってよかったなあと、とため息をついてみたりして。

ほんといいんで、たくさんの人に聴いて欲しいなあ。
こころに音がダイレクトに伝わってしまうので、不安定なときとかに聴くとやばいですけど。

|

Robert Wyatt/Rock Bottom

rock_bottom.jpg

こういう音楽もあるのです

このサイトのタイトルのshlpは彼の97年作“shleep”にちなんでつけました。
ロバートワイアットは僕にとって大切な存在ですね。なので彼をどう紹介しようか、とずっと考えていました。

彼はスタート地点にジャズがあることもあって音楽的に複雑なことをやってることが多いんです。なんというか自由な音楽を常に志向していているのですが、当時の同傾向のミュージシャンのようにフリージャズにはいくかといえばそうともいい切れない。プログレというのも抵抗がある。彼がやりたいことではジャズやロックでは収まりきれないということなのでしょう。さらにかれはソングライターとしても優れているし、あの一度聴いたら忘れられない声を持っています。そのワイアットの魅力を一度に味わえるのがこのアルバムの冒頭の名曲‘Sea Song’なので、まずこのアルバムから紹介しましょう。

続きを読む "Robert Wyatt/Rock Bottom"

|

Caravan/In the Land of Grey and Pink

grey_and_pink.jpg

酔っ払うと聴きたくなる

今日は会社で飲み会がありました。ちょっとふわふわしてます。
そういうときにぴったりなのがこれ、ということで引っ張り出して聴いてます。プログレに分類されがちなCaravanですが、結構ポップです。オルガンとフルートの響き、ヴォーカルのソフトな歌い方もあってかすごい浮遊感があります。気持ちいい。

続きを読む "Caravan/In the Land of Grey and Pink"

|

カエサル、カコイイ

ユリウス・カエサル ルビコン以前(上)ローマ人の物語8を読み返してます。このシリーズは刊行開始以来ずっと買い続けてるんですが、やっぱり塩野先生の思い入れの深さのせいか、カエサルの部分がいいですね。

この物語の舞台になってるのは2000年以上昔のローマなのですが、緻密な取材と独特の語り口で、あたかも先週起こった事件を取材したように描かれていているのが凄いです。ゆっくり読み返したくて文庫で買いなおして通勤時に読んでます。今日もこれ帰りがけに夢中で読んでて乗り過ごしちゃいました。

ちなみにユリウス・カエサルというのは英語名のジュリアス・シーザーのことで古代ローマ最高の軍人・政治家のことなんですが、そういう歴史的知識なんかなくとも余裕で楽しめます。この本に出てくるカエサルはすごく魅力的な人物ですよ。彼の行動や言葉の一つ一つが興味深いです。ちょこっとでも興味がある人は通史だからって敬遠しないでこの部分だけでも読むのもいいと思います。

|

Biff Bang Pow!/L'amour, Demure, Stenhousemuir A compilation 1984-1991

biffbangpow.jpg

オーナーは音楽を愛していました

祥之介さんのここやみきさんのここをみてたら僕もギターポップ関係の記事を書きたくなっちゃいました。

クリエイションは一般的にはオアシスがいたレーベルとして知られているし、UKロック好きにはプライマル・スクリームやマイ・ブラディ・バレンタイン、ティーンエイジ・ファンクラブなど素晴らしいバンドを世に出したレーベルとして愛されていると思うんだけど、そのレーベルオーナー、アラン・マッギーがやっていたこのバンドが僕は好きです。

透明感に満ちたギターと美しく憂いを帯びたメロディーにちょっと頼りなく線の細いアランの声が乗っかる、典型的なクリエイションの音。物凄い個性はないし、歴史的名盤かというと、そんなことはないのだけど、激しい演奏じゃなくとも胸に強く迫るものがあります。それは彼の音楽にかける情熱なのかも知れないですね。

特に最初と最後の曲が好き。アランの歌声がいつまでも耳に残ります。

|

HMVに行く

のも久々だったり。今日を逃すとしばらく都内でCD屋をじっくりみる暇がなさげなので仕事帰りに寄ってみた。
昔ほどしょっちゅう行ってるわけではないので、あれこれ視聴しつつうろうろ。やっぱ楽しい。
で、買ったのは以下の4枚。

・Marlena Shaw/Who Is This Bitch,Anyway?('74:USA)
・Tete/A La Faveur De L'automne('04:France)
・Joyce/Hard Bossa('99:Brasil)
・Nathalie Wise/Raise Hands High('04:Japan)

続きを読む "HMVに行く"

|

山本文緒はやっぱ凄いよねえ

そういえば、まだここでは触れてなかったんですよね、文緒さんについて。

彼女の作品は大体読んでます。どれも面白いです。
恋愛小説なんだけど、独りよがりではなくちゃんとエンターテイメントしてるところがいい。プロットが滅茶苦茶考え抜かれてて飽きさせない(全然作風違うけど、なんか宮部みゆきを思い出す)。文章も読みやすいし。

続きを読む "山本文緒はやっぱ凄いよねえ"

|

Elis Regina/Essa Mulher

essa_mulher.jpg

歌姫

基本的に僕は歌い上げるタイプよりも軽くうたう感じの方が好きなのです。なんかよくいるでしょう、やたら高い音程をいつもおんなじ調子で歌ってる人が。暑苦しいってば、とか思いません?苦手だなあそういうの。

続きを読む "Elis Regina/Essa Mulher"

|

変ドラが復活してた

よく「○○世代にはこれがおすすめ」なんて自分の雑誌の読者のことを呼んだりするのを見かけたりするんだけど、すごい違和感を感じる。雑誌編集者は読者層を想定して作ってるんで、「自分の雑誌の世代が存在して欲しい」という願望を込めた表現なのだろうか?僕はいっつも「へえ、そんな世代があったんだ」と頭の中で突っ込みを入れていますね。「ある世代を象徴する雑誌」が存在した時代はとっくに終ってると思うのだけれども。

続きを読む "変ドラが復活してた"

|

Gil Scott-Heron/Freewill

freewill.jpg

フルートがいいんだよねえ

ほんとは別のを紹介するつもりだったんですが、ここをみて、そうそうGil Scott-Heronいいよなあ、と一人盛り上がり紹介することにしました。

続きを読む "Gil Scott-Heron/Freewill"

|

東野圭吾『片思い』読了

面白かったんですよ。凄い興味深いテーマだし。相変わらずぐいぐい読ませるし。
でもねえ・・・語り部の哲郎がいらいらするキャラがなんか引っかかった。複雑な問題を浮き上がらせるためにわざとこういう性格にしたのかも知れないけど・・・読み手にそう思わせるのってまずくない?

まあファンなら読んで損なし。でも東野さんを最初に読むなら、他にも先に読むのはある、かも。
いっぱいおすすめがありすぎるのがこの作家の難点なのだけど、まずは「秘密」あたりからかな?

|

Love Tambourines/Midnight Parade

parade.jpg

ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー

山田詠美のこの短篇集をこれを聴くとつい連想してします。描いてる世界がなんか似てる。
恋愛至上主義的黒人音楽って感じがしますね。力強くかつピースフルな雰囲気にあふれてて。

続きを読む "Love Tambourines/Midnight Parade"

|

Curtis Mayfield/There's no place like America Today

americatoday.jpg

ひりひりするような緊張感

田島さんがなんかのインタビュー(テレビか雑誌かも憶えてないけど)でこの作品について熱く語ってたんですね。
それを憶えててその何年か後にこないだユニオンで買ったような感じでなんとなく購入したのがこのアルバム。

1曲目からすっごい緊迫感。鋭く空間を切り裂くワウワウギターと粘っこいリズム。ファルセット・ヴォイス。
ロックじゃないけどロックみたいだ!とのめりこんだのが昨日のように思い出されます。今聴きながら書いてますが、このイントロ、たまりません。

続きを読む "Curtis Mayfield/There's no place like America Today"

|

SUNNY SIDE OF ORIGINAL LOVE

sunnyside.jpg

格好いいねえ

もちろん1st、2ndは名盤なんです。でも聴きた回数が一番多いのはこれ。
なんか元気が出るので社会人なりたての頃は通勤時のBGMでした。大好きな‘LET'S GO’が2ヴァージョン入っているのも嬉しかった。

続きを読む "SUNNY SIDE OF ORIGINAL LOVE"

|

quiet sun/mainstream

quietsun.jpg

ロキシーのギターのひとがやっていたバンド

ユキヒロはYMO以前にサディスティック・ミカ・バンドというバンドにいたわけですが、彼らは海外でロキシーミュージックの前座としてしてツアーをしています。ミカ・バンドも好きなバンドだったので、ロキシー周辺も聴いとくか、ということでなんとなくレンタルCD屋で借りたのが高校生の頃。今考えるとこんなマニアックなものがおいてあったのは不思議だし、そこに自分も熱心に通ってたわけでもなかったので、これを若い頃に聴けたのはとても幸運でした。

続きを読む "quiet sun/mainstream"

|

久々にユニオンに行く

最近、仕事帰りにレコ屋にいく暇などなかったのが、なんか仕事がかたづいちゃったので、神保町ディスクユニオンに行ってみた。ここのB1Fは結構充実しているので好きです。

最初は昨日聴きたくなった“音楽殺人”を探しにいったんですけど、なくて、でも目的のものがなくても手ぶらで代えれるはずもなく。買いましたCD3枚。

・HERON/HERON(70年発表:木漏れ日フォークとして一部で有名。曲間に鳥の鳴き声とか聞こえる)
・Gallagher & Lyle/Seeds(73年発表:フォーク・デュオ。元マッギネス・フリント。ロニー・レーンのバックとしても知られる)。
・P.P.Arnord/The First Lady Of Immediate (68年発表:スモール・フェイセズやストーンズがいたレーベルの最初の黒人女性歌手。ソウルフルかつポップでストリングス・アレンジも決まってる)

P.P.Arnordはモッズ特集の棚をみてたら目に付いたので、他はフォーク関連で前からなんとなく気になってたので購入。各ジャンルに「なんとなく買いたいリスト」が頭の中にあるので、レコ屋は危険なのだけど、やっぱりみて回るのは楽しかったです。まだちょっと聴いただけだけど、どれもよさげ。音楽性は全然違うけど、いい曲がたくさん入ってるんですよね。長く聴けそうです。

|

高橋幸宏/音楽殺人

これって今CD廃盤なんだっけ?別のとこでYMOについて触れてみたらふいに聴きたくなりました。素晴らしく洗練されててポップです。実家にカセットが転がってるかなあ?

と呟いてても意味がわかんない人も多いかな?
発表は80年。彼がYMOの絶頂期に出したソロアルバムです。
当時テクノポップと呼ばれていた音楽は今聴くと古臭いものも多いですがこれは別格。かっこいいよ~。

なんとかCDを手に入れてちゃんとそのうち感想をアップしますね。

|

小沢健二/犬は吠えるがキャラバンは進む

dogs.jpg

神様を信じる強さを僕に

というのはこのアルバムのハイライト13分余の大曲‘天使たちのシーン’の一節だけど、このアルバムにはこういう思わず引用したくなるようなフレーズにあふれています。

続きを読む "小沢健二/犬は吠えるがキャラバンは進む"

|

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »